トピックス

2014 第3回 信州アーリー・ミュージック村開催決定

 

開催期間

2014年5月3日[土]ー 5日[祝・月]計3日間

 

速報!

5月2日(金)19:30開演 信州EM村プレコンサート 西山まりえリサイタル

「金曜こだまサロン〜 ハープ伝説 第2章 薔薇の王妃マリー・アントワネット」

 

【主な内容】
ワークショップ / アンサンブルレッスン / 個人レッスン / 合同アンサンブル 「ファイナルステージ!ガーデン舞踏会」 (ピッチは440Hzに統一します)
【ワークショップクラス&講師】
ハープ (定員12名) 講師: 西山まりえ 基礎速攻マスター&リズムに乗った中世舞曲に挑戦。演奏も踊るように軽やかなる指先を目指す。初心者参加OK! 課題曲: 作者不詳「サルタレッロ」 (14世紀)
声楽 (定員12名) 講師: 濱田芳通 カッチーニの曲集「Nuove musiche」丁寧に解析。フィレンツェで花開いた初期バロック声楽流儀を知ってみよう!歌ってみよう!課題曲: G. カッチーニ「Torna, deh torna」、「A quei sospir ardenti」、「Alme luci beate」、「Amarilli mia bella」 より1曲選択
ヴィオラ・ダ・ガンバ (定員8名) 講師: 石川かおり 個々のテクニックを磨くとともに、アンサンブルを通し演奏解釈とハーモニーを学ぶ。初心者歓迎。課題曲:マイネリオ「パッセメッツォ・アンティコ」
リュート (定員8名) 講師: 高本一郎 リュート族、ギター族など手持ちの古楽器を用いて、それぞれ楽器の個性を追求。実践的な演奏法と解釈を交えた古楽奏法を楽しむ。課題曲: F. ダ・ミラーノ「ファンタジア」、G. サンス「パバーナ」、L.ミラン「パバーナ」 から各自受講楽器により選択
中世・ルネサンスダンス (定員10名) 講師: 小澤高志 残された絵画や文献から垣間見えるいにしえの人々の愛らしく生き生きとした踊りを実践!初心者も大歓迎。楽しくステップしながら音楽を体感。ルネサンス風衣装をレッスン最後にお召しいただきます。課題曲: 「サルタレッロ」、「死にむかって」(モンセラートの朱い本より)、「パヴァーヌ&ガイヤルド」ほか
【スケジュール概要】
5月3日(土): 開会式(13:30)、レッスン(午後)、夕食(スペイン料理「レストラン壷屋」パエリア・ビュッフェ)、アンサンブルレッスン(夜)
5月4日(日): レッスン(午前)、昼食、レッスン(午後)、夕食(フランス料理「ル・ポタジェ」有機野菜いっぱいビュッフェ)、アンサンブルレッスン(夜)
5月5日(月): レッスン(午前)、 昼食、 受講生&講師全員アンサンブル「ファイナルステージ!ガーデン舞踏会」(13:00)、閉会式(15:30終了予定)


INFORMATION

2012-06-18
音楽之友社「教育音楽」誌 7月号 小学版/中・高校版の巻頭カラー3ページ写真付き、第1回信州アーリー・ミュージック音楽村のリポート記事掲載されました!
2012-05-27
テレ朝「題名のない音楽会」信州アリ村講師4人が出演しました!ミロク先生のイタリア貴族養成講座。
2012-05-27
アントレ6月号新譜試聴記【CDの玉手箱】「アーリー・ミュージックでメッセージを!」掲載されました。
2012-05-17
朝日新聞推薦盤に「アーリー・ミュージックでメッセージを!」選ばれました。
NO EARLY MUSIC, NO LIFE ?
アーリー・ミュージックでメッセージを ! 《朝日新聞推薦盤》

演奏

  • 彌勒忠史 カウンターテナー
  • 濱田芳通 コルネット&リコーダー
  • 西山まりえ チェンバロ&バロック・ハープ

収録曲目

  1. アリア「そよ風が優しく吹けば」 フレスコバルディ
    Se l’aura spira tutta vezzosa: G. Frescobaldi (1583-1643)
  2. 子守歌による宗教的カンツォネッタ「さあ、おやすみ」 メールラ
    Hor ch'è tempo di dormire: T. Merula (1594-1665)
  3. 宗教的ソネット「十字架の下のマッダレーナ」 フレスコバルディ
    Sonetto spirituale "Maddalena alla Croce": G. Frescobaldi
  4. アリア「アマリッリ、私の美しいひと」 カッチーニ
    Amarilli mia bella: G. Caccini (1545-1618)
  5. パッサカリアのカンタータ「暴虐な簒奪者」 サンチェス
    Usurpator tiranno: G. F. Sances (1600-1679)
  6. アリア「私の胸にある苦しみは」 モンテヴェルディ
    Si dolce è il tormento: C. Monteverdi (1567-1643)
  7. アリア「アモール、何を待っている」 カッチーニ
    Amor ch’attendi: G.Caccini
  8. 「アヴェ・マリア」 カッチーニ〈ウラディーミル・ヴァヴィロフ〉
    Ave Maria: Giulio Caccini [Vladimir Vavilov]
    録音:2011年3月21日 - 23日
    会場:信州国際音楽村 KCD-2035 2012年6月店頭発売

国内外で演出家・執筆家としても活躍するカウンターテナー歌手、彌勒忠史。初期バロック音楽のモードを世界へと発信し続けるグループアントネッロのメンバー濱田芳通と西山まりえ。2011年ベストコンサート第1位(音楽の友/長木誠司氏)出演の鋭才たち、3人の初ユニットCD登場!東日本大震災直後、アーリーミュージック(古楽)を通じてこめられた彼らの祈りとメッセージ。カッチーニのアヴェ・マリア、アマリッリなど初期バロック・イタリア音楽の名曲揃い。 ジャケット・アートワーク : さそうあきら(漫画家) 解説・歌詞対訳付。



L'incontro con l'arpa barocca
バロック・ハープとの出会い 【OMFリマスタリング盤】《レコード芸術準特選盤/朝日新聞推薦盤》

演奏

  • 西山まりえ バロック・ハープ

収録曲目

  1. 第3旋法のトッカータ フレスコバルディ
    Toccata tertii toni: G. Frescobaldi
  2. パッサカッリア フレスコバルディ
    Passacagli: G. Frescobaldi
  3. トッカータ 作者不詳
    Toccata: Anonymous/The Chigi Manuscripts of the Vatican library
  4. チャッコーナのパルティータ フレスコバルディ
    Partite sopra Ciaccona: G. Frescobaldi
  5. カンツォーネ メールラ
    Canzone: T. Merula
  6. トッカータ 作者不詳
    Toccata: Anonymous/The Chigi Manuscripts of the Vatican library
  7. 第4旋法のトッカータ ルッツァスキ
    Toccata del quarto tuono: L. Luzzaschi
  8. アリア《泉に、野に》カッチーニ
    Aria “Al fonte, al prato” : G. Caccini
  9. ハープのためのコスタンツォ・フェスタの定旋律によるリチェルカーレ マイオーネ
    Ricercar sopra il canto fermo di costantio festa & per sonar all’Arpa: A. Mayone
  10. トッカータ 作者不詳
    Toccata: Anonymous/The Chigi Manuscripts of the Vatican library
  11. アリア《私の胸の奥にある苦悩は》モンテヴェルディ
    Aria “Si dolce é il tormento” : C. Monteverdi
  12. 第8旋法のトッカータ第2番 トラバーチ
    Toccata seconda Ottavo tono: G. M. Trabaci
  13. バレット 作者不詳
    Balletto: Anonymous/The Chigi Manuscripts of the Vatican library
  14. トッカータ第2番、ハープのためのリガトゥーレ トラバーチ
    Toccata seconda, & Ligature per l’Arpa: G. M. Trabaci
  15. アリア《そう信じてしまうおバカさん》 メールラ
    Aria “Folle é ben che si crede” : T. Merula
    録音:2011年3月21日 - 23日
    会場:相模湖交流センター KCD-2034 2011年11月発売

弧を描く流麗な響き - 邦人として初のバロック・ハープ・ソロアルバム!この時代のもっとも大切なレパートリー、ここに集結!!
ソロイストとして、またアントネッロのメンバーとしてもその動向が常に注目を集める西山まりえのバロック・ハープ奏者としての初ソロアルバム。「バロック・ハープが最も愛され、奏された16-17 世紀のイタリアの作品」を選りすぐって収録。西山まりえは、これまでゴシック(中世)ハープのアルバムを数点リリースしたことはありましたが、メカニズムが異なるバロック・ハープをソロだけで収録したのは初。バロック・ハープにはペダル機構はまだなく、弦を三列に並べた構造になっており、半音を出すために指を突っ込んで弾かなければいけない複雑な楽器。これを音楽性豊かに弾きこなす日本人奏者は西山まりえをおいて他にいないでしょう。
チェンバリストとして、また歌手としても絶大な評価を得ている西山まりえ。いにしえの時代の先人音楽家たちのように、楽器の枠を超えた活動が大きな反響を呼ぶことになるのは必至。
今回もジャケット・アートワークは人気漫画家さそうあきら氏の書き下ろし。AnthonelloMode は「コドモのコドモ」「おくりびと」「神童」など、話題作の作者さそう氏が一貫してアートワークを手がけています。
録音:2009年2月10-11日 相模湖交流センター 西山まりえ(バロック・ハープ/解説)/ジャケット・アートワーク:さそうあきら(漫画家)。

 

購入はこちらから

ページのトップへ戻る